追っかけわたしの特集

特集 : 御前崎市

本居宣長像自賛 掛け軸文化財に 御前崎市指定、池宮神社が所蔵

 御前崎市佐倉の池宮神社が所蔵する掛け軸「本居宣長像自賛」がこのほど、市の有形文化財に指定された。江戸時代の国学者、本居宣長(1730~1801年)が和歌を揮毫(きごう)し、門人だった当時の宮司の手に渡ったとされる。市教育委員会は遠州の国学の隆盛ぶりを表す資料として評価している。

御前崎市の有形文化財に指定された「本居宣長像自賛」=御前崎市佐倉の池宮神社
御前崎市の有形文化財に指定された「本居宣長像自賛」=御前崎市佐倉の池宮神社


 掛け軸は縦91センチ、横28センチ。「しきしまの大和心を人問わば朝日に匂う山桜花」という和歌を万葉仮名でしたためている。下部の自画像は狩野派の絵師が描いたとされる。
 同神社と本居宣長記念館(三重県)によると、本居は61歳の時に自画自賛像を手掛けた。これを基に絵師が自画像の部分を模写し、本居が和歌を自筆した掛け軸を門人らに与えたとされる。和歌は本居が自身の心について人から尋ねられたことを想定し、「朝日に輝く山桜の美しさに感動するような心だ」と答えている。
 現在の遠州に当たる遠江国には本居の門人が17人いたという。本居の師は現在の浜松市出身の賀茂真淵(1697~1769年)。賀茂の門下の国学者としては菊川市出身の栗田土満、浜松市天竜区出身の内山真龍らも名をはせた。
 掛け軸の文化財指定を申請した現宮司の佐倉東武さん(77)は「遠江で国学が盛んだった歴史を再評価していくべき」と思いを語った。同神社資料館に展示している。
 (御前崎支局・木村祐太)

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む