「発生届対象外」への国の対応説明求める 川勝知事

 川勝平太知事は1日の全国知事会新型コロナウイルス緊急対策本部のオンライン会議に県庁から出席した。発生届を重症化リスクのある人に絞る政府の全数把握の簡略化方針に対し、「発生届に関わる業務負担の軽減にのみ着目され、患者や感染対策の目線が欠けている」と非難した上で、発生届の対象外の人に適切な医療を届けるとのメッセージを国が示すよう求めた。

全数把握簡略化についての意見などを述べた川勝平太知事=1日午後、県庁
全数把握簡略化についての意見などを述べた川勝平太知事=1日午後、県庁

 川勝知事は、発生届の有無などで就業制限が異なることの妥当性や、外出自粛要請の対象も整理されていないことを指摘。9月中旬に全国一律の見直しが開始されるまでに、課題解消やスケジュール観の提示をするよう要望した。
 このほか、医療提供体制維持のため、医療従事者の家族をワクチン4回目接種の対象に追加することや、今後始まるオミクロン株対応ワクチンの優先接種対象にすることも提言した。
 報道陣に対し、川勝知事は全国一律の見直しまで従来の運用を継続するとし、「(発生届対象外で)感染した人への対応基準を示し、混乱が生じないよう全国一律の対応をしてほしい」と国に求めた。
 (政治部・青島英治)

あなたの静岡新聞 アプリ