演劇「みつばち共和国」4日に沼津公演 SPAC、舞台衣装でPR

 4日に沼津市民文化センターで演劇「みつばち共和国」を上演する県舞台芸術センター(SPAC)の俳優らがこのほど、市役所に頼重秀一市長を訪ね、同センターの開館40周年記念として開かれる公演をPRした。

舞台衣装で演劇「みつばち共和国」をPRする(左から)永井さんとたきいさん、頼重市長=沼津市役所
舞台衣装で演劇「みつばち共和国」をPRする(左から)永井さんとたきいさん、頼重市長=沼津市役所
舞台衣装で演劇「みつばち共和国」をPRする出演俳優のたきいさん(左)と永井さん=沼津市役所
舞台衣装で演劇「みつばち共和国」をPRする出演俳優のたきいさん(左)と永井さん=沼津市役所
舞台衣装で演劇「みつばち共和国」をPRする(左から)永井さんとたきいさん、頼重市長=沼津市役所
舞台衣装で演劇「みつばち共和国」をPRする出演俳優のたきいさん(左)と永井さん=沼津市役所

 SPACの同市での公演は13年ぶり。作品は「青い鳥」で知られ、養蜂家でもあったベルギー出身の作家メーテルリンクの随筆「蜜蜂の生活」を基に、フランス人演出家セリーヌ・シェフェールさんが舞台化した。蜂の巣の四季を舞台と映像で表現し、環境問題にも触れる。
 働き蜂と女王蜂の2役を務めるたきいみきさんと、養蜂家役の永井健二さんは、舞台衣装姿でアピールした。たきいさんは「蜂の生存競争や環境問題など、蜂の世界を人間界に投影し、いろいろな感じ方ができる。子どもたちにも楽しんでもらえる」と来場を呼び掛けた。
 公演は午後2時開演。当日は4歳から高校生までの先着50人を無料招待する。同伴の保護者は有料。問い合わせは沼津市民文化センター<電055(932)6111>へ。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ