追っかけわたしの特集

特集 : 御前崎市

牧之原市長 原発推進に見解「安全担保の上で」

 中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)に隣接する牧之原市の杉本基久雄市長は30日の定例記者会見で、政府がエネルギー政策として原発推進を加速させる中、「安全、安心が長期的に担保された上で、再稼働などの議論を進めていくべきだ」との見解を示した。
 同市が本年度実施した浜岡原発に関する市民意識調査では、調査開始以来初めて「稼働」が「停止」を上回った。杉本市長は市民の考えや脱炭素化を目指す社会情勢から原発を推進する機運が高まっていることを認識しているとしつつも、「広域避難計画や使用済み核燃料の処理方法が定まっていない。行政としての課題は山積している」と述べた。
 同市議会は2011年に「浜岡原発の永久停止を求める決議」を可決している。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む