追っかけわたしの特集

特集 : 福祉・介護

特殊詐欺 未然に防ぎ感謝状 沼津の2金融機関

 沼津署はこのほど、特殊詐欺を未然に防いだとして、沼津信用金庫高島町支店(沼津市高島本町)と沼津真砂郵便局(同市真砂町)、それぞれの職員らに感謝状を贈った。

感謝状を受け取った大嶽支店長(中央)、佐藤支店長代理(左)、菊地さん(右)=沼津市高島本町の沼津信用金庫高島町支店
感謝状を受け取った大嶽支店長(中央)、佐藤支店長代理(左)、菊地さん(右)=沼津市高島本町の沼津信用金庫高島町支店
感謝状を受け取った青島局長(中央)、矢崎さん(右から2人目)、望月さん(右)=沼津署
感謝状を受け取った青島局長(中央)、矢崎さん(右から2人目)、望月さん(右)=沼津署
感謝状を受け取った大嶽支店長(中央)、佐藤支店長代理(左)、菊地さん(右)=沼津市高島本町の沼津信用金庫高島町支店
感謝状を受け取った青島局長(中央)、矢崎さん(右から2人目)、望月さん(右)=沼津署

 同信金では、来店した60代女性が「市役所から介護保険料の戻りがあると言われた」との申し出に対し、職員が出金を保留して被害を食い止めた。大嶽元英支店長(50)と佐藤容子支店長代理(51)、職員の菊地佑奈さん(24)が感謝状を受け取った。大嶽支店長は「2人が高い意識で行動し、詐欺を未然に防げて良かった」と話した。
 同郵便局では、携帯電話を使用しながらATMを操作していた高齢女性に局員が声を掛けた。女性が「還付金を受け取りに来た」と申し出たため、通報した。青島克之局長、局員の矢崎香澄さんと望月芽依さんが感謝状を手にした。青島局長は「若い局員が防いでくれた良い事例。今後も被害防止に努めたい」と述べた。

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む