テーマ : 福祉・介護

児童発達支援強化「センター」起工式 浜松市中区で聖隷福祉事業団

 聖隷福祉事業団(浜松市中区)はこのほど、同区の複合社会福祉施設「和合せいれいの里」内に建設する「(仮称)聖隷こども発達支援センターかるみあ和合」の起工式を同施設で行った。

関係者が工事の安全を祈願した起工式=浜松市中区の和合せいれいの里
関係者が工事の安全を祈願した起工式=浜松市中区の和合せいれいの里

 同センターは鉄筋コンクリート2階建て。施設内の別棟にある児童発達支援事業所を移して定員を増やすほか、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援の施設を併設する。完成は2023年度中の予定。
 医療的ケアが必要な子どもが過ごす部屋や、障害のある子どもが感覚的な刺激を楽しみながら活動する「スヌーズレン」用のスペースも設ける。同センターに隣接する「聖隷こども園めぐみ」の園児との交流などにも力を入れるという。
 起工式では、関係者が工事の安全を祈願した。同事業団の青木善治理事長は「子どもたちの生きる力の獲得を目指し、職員一丸で支援したい」と述べた。

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む