追っかけわたしの特集

特集 : ジュビロ磐田

⚽J1磐田 監督解任後初の練習公開 残り9試合、残留を誓う

 J1磐田は16日、成績不振を理由にした伊藤彰前監督の解任後、ヤマハ大久保グラウンドで報道陣に初めて練習を公開した。次節19日の敵地での名古屋戦は、渋谷洋樹ヘッドコーチが監督代行として指揮を執る方針。最下位に沈むチームに渋谷コーチは「あってはならないことが起きている。次戦は戦術も必要だが、力が果てるまで戦う」と巻き返しへ強い危機感を示した。

名古屋戦に向けて選手に指示を出す渋谷ヘッドコーチ(中央)=ヤマハ大久保グラウンド
名古屋戦に向けて選手に指示を出す渋谷ヘッドコーチ(中央)=ヤマハ大久保グラウンド

 シーズン途中での指揮官解任という衝撃的な出来事の後で、約1時間半の全体練習は重苦しい雰囲気に包まれた。当時J1大宮で監督経験がある渋谷コーチは6失点で大敗した前節浦和戦を「残酷な結果になってしまった。悔しい試合」と総括。伊藤前監督が取り組んできた攻撃的なサッカーを継承しながら、守備の寄せの速さや適正なポジションに戻るなどの基本を改めて選手に求めた。
 選手たちも神妙な表情で監督解任を受け止めた。MF上原は「選手として監督の力になれなかったことに責任を感じている。まだ気持ちの整理ができない」とした上で「選手、クラブが同じ方向を向かないと」と必死に前を向いた。チームリーダー格のFW大津は責任を痛感しながらも「切り替えて結果を残すことが彰さんへのリスペクト(敬意)になる」と残り9試合でのJ1残留を誓った。
 伊藤前監督の後任候補にはクラブアドバイザーで磐田黄金期を率いた鈴木政一氏の再登板案が浮上しているが、クラブからの正式な発表はない。
 (名倉正和)

いい茶0

ジュビロ磐田の記事一覧

他の追っかけを読む