開幕「三嶋大祭り」 16日、旗揚げ行列に大泉洋さん参加

 三島市の夏を彩る風物詩「三嶋大祭り」(実行委員会主催)が15日、三嶋大社を拠点に市内中心部で開幕した。新型コロナウイルスの影響を受け、開催は3年ぶり。初日から山車の競り合いや伝統の祭りばやし「しゃぎり」が繰り広げられ、歩行者専用道路となった大通りは法被姿の地元住民や観光客らで埋め尽くされた。

威勢のよいしゃぎりの競演を繰り広げた山車の競り合い=三島市の三嶋大社前
威勢のよいしゃぎりの競演を繰り広げた山車の競り合い=三島市の三嶋大社前
大泉さんらを描いた似顔絵=三島市
大泉さんらを描いた似顔絵=三島市
威勢のよいしゃぎりの競演を繰り広げた山車の競り合い=三島市の三嶋大社前
大泉さんらを描いた似顔絵=三島市

 ▶【動画】大泉洋さんら参加 頼朝公旗揚げ行列
 6年に1度回ってくる当番町(加屋、清住、三好、西本、緑、南)が山車を引き回し、太鼓や笛、すりがねの音を威勢良く響かせた。夜には大社前で激しい競り合いが行われ、祭りムードは一気にヒートアップ。周辺はしゃぎりと掛け声の熱気に包まれ、詰めかけた大勢の来場者も3年ぶりの“夏”を盛り上げた。
 祭りは17日まで。子供しゃぎり大会と山車の競り合いは連日行われるほか、16日は頼朝公旗揚げ行列や手筒花火、最終日は農兵節やみしまサンバのパレードなどが予定されている。

 ■大泉洋さんの似顔絵 市中心部に張り出し

 三嶋大祭りのメインイベント「頼朝公旗揚げ行列」が16日に三島市で開かれるのを前に、源頼朝役で行列に参加するタレントの大泉洋さんら大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演している俳優陣の似顔絵が市中心部の本町交差点付近に張り出された。
 行列には大泉さんのほか、安達盛長役の野添義弘さん、源範頼役の迫田孝也さん、仁田忠常役の高岸宏行さんも参加する。似顔絵は同市出身のイラストレーター田畑伴和さん(43)が描き、ドラマ中で4人が演じた印象的な場面を表現した。田畑さんは「本人たちの目にも少し留まってもらえたらうれしい」と話した。
 頼朝公旗揚げ行列は16日午後3時半から。三嶋大社の大鳥居を出発して三島広小路駅の周辺を引き返し、本町交差点から三島市民文化会館までの1・5キロを練り歩く。場所取りや沿道からの声援は禁止。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ