⚽清水エスパルス 後半2発、連続完封勝利 J1第25節

G大阪―清水 後半28分、先制ゴールを決めた清水・コロリ(右)は清水サポーター席を指さして駆け出す=大阪・パナスタ(写真部・小糸恵介)
G大阪―清水 後半28分、先制ゴールを決めた清水・コロリ(右)は清水サポーター席を指さして駆け出す=大阪・パナスタ(写真部・小糸恵介)

 明治安田J1リーグは14日、各地で第25節の4試合が行われ、残留を争う直接対決は、清水が2-0でG大阪を下し、今季初の2連勝を果たした。
 ②パナスタ(清水1勝1分け)▽観衆27662人
 清水 6勝9分け10敗(27) 2(0―0 2―0)0 G大阪 5勝7分け12敗(22)
 ▽得点者【清】コロリ(3)カルリーニョス(2)


 ■助っ人躍動 残留へ一歩前進
 G大阪の本拠地で、残留争いをするライバル相手に清水が力強く勝ちどきをあげた。終盤の2得点で2戦連続完封勝ち。負ければ再びJ2自動降格圏に引きずり込まれる大事な一戦で、価値ある今季初の連勝をつかんだ。
 輝きを放ったのは、途中から投入された助っ人たちだった。後半28分、ハーフウエーライン付近でパスを受けたFWカルリーニョスが前を向く。後ろからの相手の寄せをはねのけ、推進力のあるドリブルでDF数人を引きつけてラストパス。MFベンジャミン・コロリが突き刺した。
 41分にはカルリーニョスにスポットライトが回ってきた。左サイドを抜け出したFWチアゴサンタナから届いたパスを、左足で流し込む。「良い役割を果たせた」と納得顔だ。
 現在所属する外国籍選手は8人。メンバー登録の5人の枠を巡り、けがで離脱のMFヘナトアウグストを除く7人がしのぎを削る競争がチーム内にはある。「チャンスをもらったら最善を尽くしたい」とひたむきにプレーするコロリが結果を出す好循環も生まれた。
 手応えのある白星を前節に挙げ、「自分たちが変わった姿を示す試合にできれば」(DF立田)と臨んだ一戦。内容は決して会心とは言えないものの、重要な下位直接対決で勝負強さを見せた。暫定ながら12位に浮上。自動降格圏との勝ち点差を5とし、残留に一歩前進した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ