こども救急電話相談「#8000」 8月11日から、24時間態勢に 静岡県、コロナ急拡大で

 静岡県は9日、新型コロナウイルスの感染急拡大に対応するため、休日と夜間に開設している静岡こども救急電話相談「#8000」を11日から24時間態勢にすると発表した。9月30日まで。

 子どもに感染が広がり、#8000の利用件数が増えていることから、態勢を拡充して小児科医の負担軽減と保護者の不安解消を図る。子どもの急な病気やけがへの適切な対処の仕方、受診する医療機関などについて、看護師や小児科医からアドバイスを受けられる。
 現在の相談開始時間は平日が午後6時、土曜午後1時、日曜・祝日午前8時で、終了時間はいずれも翌日午前8時。11日からは24時間受け付け、回線数も増やす。
 コロナの感染急拡大で医療機関が逼迫(ひっぱく)する中、県地域医療課は「子どもの症状が気になる場合は、必要に応じて#8000を利用してほしい」と呼び掛けている。

あなたの静岡新聞 アプリ