⚽J1清水 帰ってきた歓声 声援解禁へ検証試合、FC東京戦

 サッカーJリーグ1部(J1)清水エスパルスが7日に東京都の味の素スタジアムでFC東京と対戦したリーグ第24節は、声出し応援再開に向けた運営検証試合として両チームの観客から声援が送られた。コロナ禍後、静岡県内Jクラブの試合で声出し応援が行われるのは初めて。サポーターの生声のチャント(応援歌)が久々にスタジアムに響き渡った。

FC東京―清水声を出して応援する清水サポーター=7日午後、東京都の味スタ
FC東京―清水声を出して応援する清水サポーター=7日午後、東京都の味スタ

 声出し応援の中での試合は清水にとって、2020年2月23日のJ1開幕戦以来。応援可能エリアとしてゴール裏に設けられたビジター自由席は完売し、サポーター約1500人が集まった。
 試合前からチームの応援歌や名前のコールで選手を鼓舞。チームが3戦ぶりの勝利を収めると、歓喜に沸いた。応援を統率する石橋祐大さん(34)は「皆がわくわくしている表情を見て、声出しが戻ってきて良かったと実感した」と喜んだ。
 検証試合は観客の収容人数の上限を50%にし、声出し応援可能なエリアを限定。マスクを着用して周囲と距離を保ち、発声はピッチの方向と定められた。
 Jリーグは運営検証の結果を踏まえて再開に向けたガイドラインを示す方針。19日に愛知県の豊田スタジアムで行われる名古屋グランパス対ジュビロ磐田戦も声出し応援の対象試合となっている。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ