ハリウッドザコシショウ クレイジーな笑い、故郷で 8月27日、静岡・清水区で単独ライブ

 人気お笑い芸人のハリウッドザコシショウ(48)が27日、単独ライブツアーで地元静岡市清水区に凱旋する。東京以外での公演は3年ぶり。「久しぶりにやる以上、楽しめるようにクレイジーを提供する」とエンジン全開だ。

故郷での公演へ意気込むハリウッドザコシショウ=都内
故郷での公演へ意気込むハリウッドザコシショウ=都内
故郷での公演へ意気込むハリウッドザコシショウ=都内
故郷での公演へ意気込むハリウッドザコシショウ=都内
故郷での公演へ意気込むハリウッドザコシショウ=都内
故郷での公演へ意気込むハリウッドザコシショウ=都内
故郷での公演へ意気込むハリウッドザコシショウ=都内
故郷での公演へ意気込むハリウッドザコシショウ=都内
故郷での公演へ意気込むハリウッドザコシショウ=都内
故郷での公演へ意気込むハリウッドザコシショウ=都内
故郷での公演へ意気込むハリウッドザコシショウ=都内
故郷での公演へ意気込むハリウッドザコシショウ=都内

 清水工高卒業後、タレント養成所「吉本総合芸能学院(NSC)大阪校」に同級生と入学し、コンビで芸人生活をスタートした。大阪では抑揚の違いや静岡弁がなかなか受け入れられなかった。ただ、同期のケンドーコバヤシや中川家の礼二ら認めてくれる仲間もいた。「バカ面白い」「しょんねぇな」。周囲に染まらず、今でも静岡弁を使い続けるのは「静岡弁が好きだから」。
 ツッコミのタイミングでの絶叫は、大阪で苦労した時代に見いだした。事務所に正統派のコントを求められた時も「好きを貫く」と拒否。2002年にコンビを解散し、ピン芸人になった。孤独を感じながらも自分自身の「面白い」を突き詰め、16年にR―1ぐらんぷりで優勝した。
 有名になった今でも毎日、動画配信サイトへの投稿は欠かさない。「お笑いをやっていなかったら楽しくない人生だった」。根っからのお笑い好きが新ネタを引っ提げ、愛着ある故郷で笑いの渦を巻き起こす。
 

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ