JR静岡、清水駅でPR「お茶観光 タクシー利用を」 

 静岡市タクシー協議会と市茶業振興協議会は「タクシーの日」の5日、連携事業「お茶のまち静岡市タクシーツアー」などのPR活動をJR静岡、清水の両駅前で行った。

ツアー利用を呼び掛ける茶っきり娘=JR静岡駅前
ツアー利用を呼び掛ける茶っきり娘=JR静岡駅前

 同市の茶の魅力を広める「茶っきり娘」や両協議会の関係者ら約20人が参加。地元産の茶をブレンドした一煎パックやツアー内容を紹介するパンフレットなどをタクシー利用者ら計900人に手渡し、利用を呼び掛けた。
 ツアーは2013年から運行を開始。タクシードライバーによるガイド付きで、市内の茶農家や観光地を巡る。
 県タクシー協会静岡支部長の根来晃司さん(57)は「コロナ禍でタクシー利用者が減っている。タクシーとお茶の需要を増やしていきたい」と話した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ