落石注意!ヘルメット 富士宮市が無料貸し出し 安全登山定着図る【静岡新聞社 富士山臨時支局】

 富士山の登山者の安全確保と意識啓発に向け、富士宮市が夏山シーズンの間、富士宮口5合目で登山ヘルメットの無料貸し出しを行っている。市の担当者は「登山イコール『ヘルメットを着けるスタイル』を定着させたい」と狙いを語る。登山口への配備は噴火の際の対応など、防災面でも期待できる。

登山ヘルメットを借りる家族=富士山富士宮口5合目
登山ヘルメットを借りる家族=富士山富士宮口5合目


 2019年に山梨県側登山道で、落石で登山者が亡くなる事故が発生したことを踏まえて無償貸与を始めた。富士山では突然の風雨に襲われたり岩場では落石の危険性があったりすることから、20年度にクラウドファンディングを活用するなどしてヘルメットを購入した。大人用と子供用を計50個配備し、21年夏から富士宮口5合目の富士山総合指導センターで貸し出しを始めた。
 今夏は7月10日の開山日から8月1日までに50件近い利用があった。子ども用として借りていく人も多いという。静岡市清水区から妻と娘とともに訪れた会社員加藤博之さん(50)は「偶然見かけて3人分借りた。宝永山で落石の危険があると聞いたので助かった」と話した。同センターに常駐する富士登山ナビゲーターは「昨年よりも登山者が増えた分、利用も増えている印象」と語る。
 ヘルメットは期間中、午前6時20分から午後5時10分ごろまで貸与していて、返却箱も用意している。
 (富士宮支局・吉田史弥)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ