ボルダリング施設で出張図書館 袋井、児童ら本も運動も楽しむ

 袋井市立袋井図書館はこのほど、小学生向けの「出張としょかん」を同市堀越のボルダリング施設プラネットクライミングジム袋井店で開いた。参加児童は物語を楽しんだ後、ボルダリングを体験した。

ボルダリング施設で行われた絵本の読み聞かせ=袋井市内
ボルダリング施設で行われた絵本の読み聞かせ=袋井市内

 市内の1~4年生22人が参加。会場にちなんで“登る”をテーマにした絵本などの読み聞かせを行い、子どもたちは興味深そうに話に耳を傾けていた。ボルダリング体験では、同ジムの代表から指導を受け、高さ約4メートルの壁に挑戦した。
 市では子どもに読書への親しみを持ってもらおうと、飲食店や体育館など、図書館以外の人が多く集まる施設で同様の催しを実施している。市郷土資料館と自動車販売店での開催を予定しているという。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ