認知症「共生」「予防」重要 浜松市浜北区で教室、基礎知識学ぶ

 浜松市浜北区の地域包括支援センター北浜は23日、認知症の家族介護教室を同区小林のふれあい交流センター浜北で開いた。市認知症疾患医療センター長の磯貝聡医師が認知症の基礎知識などを住民らに講話した。

認知症の基礎知識について講話する磯貝医師(左)=浜松市浜北区のふれあい交流センター浜北
認知症の基礎知識について講話する磯貝医師(左)=浜松市浜北区のふれあい交流センター浜北

 磯貝医師は介護に当たる若年層が減る社会では、「共生」と症状の進行を遅くすることも含む「予防」が重要だと指摘。認知症になりにくくするために健康管理、社会活動への参加、整理整頓などを勧めた。症状が進行したときのことを踏まえた医療、介護の方針を家族や後見人とコミュニケーションを取っておくようにも促した。
 同教室では、同センターの業務を担う看護師、薬剤師、作業療法士らが受講者からの相談に応じた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ