彫刻や絵画18点 二紀会支部作品展 24日まで浜松・中区

 全国の美術家でつくる「二紀会」の静岡支部による本年度の展示会が18日、浜松市中区のクリエート浜松で始まった。24日まで。

大型絵画や彫刻などが並ぶ展示会=浜松市中区のクリエート浜松
大型絵画や彫刻などが並ぶ展示会=浜松市中区のクリエート浜松

 県内の会員約15人が都内で10月に開かれる「二紀展」への出品を予定する彫刻と100号以上の大型の絵画を計18点展示している。衝撃で割れた鏡に映し出された顔を描いた油彩画や、洗濯している手をモチーフにして老婦人の優しさを表現した水彩画のほか、さまざまな色を使って人間の心の中を表した彫刻などが並ぶ。
 福長昇支部長(70)は「心血を注いだ力作がそろっている。作家の心を表現した作品を鑑賞して」と話した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞