テーマ : 御前崎市

静岡県内16日午後から大雨 気象台、警戒呼びかけ

 前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で静岡県内は15日、大気の状態が不安定になり、雷を伴って激しい雨が降った所があった。静岡地方気象台によると、御前崎市では14日午後3時の降り始めから15日午後4時までの雨量が102ミリに達した。気象台と県は15日午後、同市と浜松市南部に土砂災害警戒情報を一時、発表した。
 降り始めからの雨量は浜松市北区三ケ日で86・5ミリ、同市中区で76ミリなど。雨は小康状態を経て16日午後から再び強まり、ピークは同日夕~夜とみられる。気象台は「これまでの大雨で土壌に水分がたまり、雨が降っていなくても土砂災害の危険性が高くなっている」と注意を呼びかける。
 16日に予想される1時間雨量は県内全域のいずれも多い所で50ミリ、同日午後6時までの24時間雨量は120ミリを見込んでいる。
 JR東海によると、15日、神奈川県内の雨量計が規制値に達したため、東海道新幹線は一部区間で一時運転を見合わせ、静岡県内でも遅れが発生した。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む