いちご生産技術学ぶ 静岡県野菜振興協が研究大会

 静岡県野菜振興協会いちご部会などはこのほど、「県いちご生産者研究大会」を静岡市駿河区で開いた。スマートフォンから農地の状態を把握するシステムの活用など、情報通信技術(ICT)による栽培ノウハウを学んだ。

品評会入賞者をたたえた表彰式=静岡市駿河区
品評会入賞者をたたえた表彰式=静岡市駿河区

 大会では、天敵を活用した害虫駆除手法の解説や、第32回県いちご果実品評会で金賞一席に輝いたJAしみずの斎藤祐貴さんらの表彰式も行われた。
 JA静岡経済連の担当者から、2021年度の消費宣伝事業の成果も報告された。紅ほっぺときらぴ香の定植本数は前年を上回り、販売数量は前年比2・0%増の4947トン、1キロ当たりの平均単価は6・3%高の1397円だった。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ