テーマ : 御前崎市

感染予防へ手洗い学ぶ 御前崎・池新田幼稚園の園児

 小笠地区食品衛生協会連合会と御前崎市食品衛生協会は7日、「園児手洗い教室」を同市の池新田幼稚園で開いた。新型コロナウイルスなどの感染予防のため、年長児約30人が正しい手の洗い方を学んだ。

正しい手洗いの実演に見入る園児=御前崎市の池新田幼稚園
正しい手洗いの実演に見入る園児=御前崎市の池新田幼稚園

 同連合会の松井生月副会長兼指導員部長ら会員6人が講師を務めた。園児は特殊なローションを手に塗ってから普段通りに手を洗い、蛍光灯スタンドに手をかざして洗い残しがあることを確認した。会員はお手本を示し、指の間や爪の間、手首などをしっかりと洗うよう指導した。同教室は2014年度から幼稚園や保育園、こども園を対象に開いている。本年度は白羽幼稚園でも行った。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む