「宇宙の話をしよう」 探査機開発や運用紹介 清水区の子ども食堂でNASA小野さん

 静岡市清水区のフランス料理店「ボンマスダ」(増田慎一店主)は3日、子ども食堂の特別企画として、米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所の技術者小野雅裕さんを招いたイベントを同区のエスパルスドリームプラザ内のレストラン「はとばキッチン」で開いた。親子約100人が参加した。

子どもたちにNASAの仕事について紹介する小野さん(中央)=静岡市清水区のエスパルスドリームプラザ内「はとばキッチン」
子どもたちにNASAの仕事について紹介する小野さん(中央)=静岡市清水区のエスパルスドリームプラザ内「はとばキッチン」

 小野さんは自らが携わる宇宙探査機の開発や運用の仕事について、動画を交えて紹介した。興味津々に話を聞く子どもたちに対し、「宇宙にはまだ分からないことの方が多い。皆さんも大きくなったら、ぜひ一緒に調べましょう」とメッセージを送った。「子どもの頃に好きだった遊びは」など、参加者からの質問にも答えた。
 小野さんが執筆した児童書「宇宙の話をしよう」のイラストを担当した利根川初美さん(同区)によるワークショップもあった。参加者は折り紙などを使い、小野さんと一緒に撮影した写真を飾るフォトフレーム作りに取り組んだ。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ