テーマ : 御前崎市

浜岡原発 防災業務計画を修正 中部電力

 中部電力は1日、浜岡原発(御前崎市佐倉)の原子力事業者防災業務計画を修正し、内閣総理大臣と原子力規制委員会に届けたと発表した。
 発電所内の医療活動に関する記述を追加した。2011年の東京電力福島第1原発事故を受け、中電など電力会社は事故時の作業員に対する初期医療体制の構築に取り組んでいる。
 中電は原子力安全研究協会と連携し、平常時から原子力災害医療に関する情報を収集し、医師派遣の仕組みを確立することなどを同計画に明記した。この他、工事の設計や機器の健全性評価を担う「エンジニアリング部」の新設など1日付の組織改定も反映した。
 同計画は原子力災害対策特別措置法に基づき、毎年見直している。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む