デュアルタスク・カラータッチ YK・コラボ(浜松市浜北区)運動と学習で認知症予防【静岡ものづくり最前線】

 発達障害のリハビリテーションや認知症予防の装置として開発を進めた。放課後デイサービスの職員へのアンケートで見られた「楽しみながら、運動と学習ができるサービスが必要」との回答をヒントに、同時に二つの能力の向上を図る。

同時に運動と学習能力の向上を図る商品
同時に運動と学習能力の向上を図る商品

 問題作成ソフトを取り込んだパソコンに独自開発のワイヤレスUSBボックスを差し込むと、4択や順番を求める問題が画面に表示される。解答は手元のリモコンを操作して行うほか、赤や青の色スイッチをコーンに装着し、それぞれの距離を取ってボタンを押せば運動効果が高まるようにした。正解の数や解答時間の表示、正解と不正解の効果音などでもレクリエーション効果を出す。
 「課題作成機能付きゲーム装置およびプログラム」として2月に特許を取得。四字熟語や歌詞の順番など基本問題に加え、独自の問題も作成可能。画像はオリジナルを使用するほか、浜松市内の店舗や事業所から商品画像の提供を受け、広告を添えて地域活性にも結び付ける。
 河合良浩社長は「子どもから高齢者まで使う人や使い方次第でいろいろな可能性を広げてほしい」と話す。1月から販売とレンタルを開始。学校や介護施設で販路拡大を狙う。

 企業情報 浜松市浜北区於呂。2003年創業。従業員3人。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ