ヤマハ、音響通信技術で無人コンビニ 実証店舗を開設

 ヤマハは4日、都内の東京事業所内に無人ミニコンビニエンスストアの実証店舗を開設する。ヤマハの音響通信技術「Sound(サウンド)UD」を解錠の仕組みに導入する。

ヤマハ東京事業所内にオープンする無人ミニコンビニの実証店舗
ヤマハ東京事業所内にオープンする無人ミニコンビニの実証店舗

 ミニストップ(千葉市)が展開するオフィス向けコンビニ「ミニストップポケット」を活用する。店舗入り口に新たに開発した「サウンドUDトリガーボード」を設置。ボードにスマートフォンをかざすと解錠画面がスマホ側に立ち上がり、音楽とともに周波数を流すサウンドUDの音響通信で施錠を解除し、入店できる。専用アプリなどは不要。
 ヤマハグループ社員と事業所の訪問客の利用を通じて検証する。同社は「さらなる機能追加や利用者の利便性向上を図り、無人コンビニを設置しやすい環境を整えたい」と話す。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ