テーマ : この人

静岡人インタビュー「この人」 矢岸洋二さん ヘリの遊覧飛行事業を開始

 西伊豆町で地域創生に取り組む「西伊豆プロジェクト」の社長。遊覧飛行は町やヘリコプターのチャーターサービスを行う都内の企業と連携し、4月に開始した。町内発着で伊豆半島西海岸を巡る複数のコースを設け、地域住民や観光客に空の旅を提供する。同町出身。55歳。

矢岸洋二さん
矢岸洋二さん

 -遊覧飛行事業の狙いは。
 「誘客促進に加え、地元の人々に体験してもらい、空から生活圏を見る非日常や感動を味わってほしい。2025年の大阪・関西万博では人を乗せて移動する『空飛ぶクルマ』の実用化が検討されている。こうした技術革新に備え、体験者がエアモビリティについて知り、考えるきっかけにもなればと思う」
 -今後の展開は。
 「伊豆半島西海岸の課題である交通インフラの脆弱(ぜいじゃく)性を解消するため、首都圏などと町をつなぐ交通手段として活用し、渋滞解消に役立てる。富士山静岡空港と連携し、今後回復するであろうインバウンド需要にも対応したい。地上誘導員などを採用し、地元の雇用促進も図る」
 -そのほかの事業について。 
 「町内の観光コンテンツや施設を紹介するデジタルサイネージの制作など、観光業を中心に幅広く展開している。5月には町や観光事業者と『観光プラットフォーム』を立ち上げた。教育旅行や企業研修の誘致に向けた体験プログラムの開発、体制づくりを進めている」
 -地域活性化への思いは。
 「住民が暮らせて良かったと思える町にしたい、生まれ故郷を盛り上げたいという思いで活動している。特に子どもたちには地元の素晴らしさを再確認する機会を提供したい。地域と協力し、今後もまちづくりに貢献できる企業を目指していく」

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む