テーマ : 御前崎市

浜岡原発関連議案 静岡市、白票の方針 中部電力株主総会

 静岡市は27日、名古屋市内で28日に開かれる中部電力の株主総会で、浜岡原発(御前崎市佐倉)に関連する株主提案の議案に白票を投じると発表した。
 白票を投じるのは定款の一部を変更し、電気事業から原子力発電を除くことを求める株主提案の議案。同議案は浜岡原発の地震や安全保障上のリスクを挙げて「原発を処分し、身軽になって将来の経営環境の変化に柔軟に対応すべき」と指摘した。
 静岡市は白票を投じる理由を「原発廃止の是非について結論を出すことは、電力の安定供給など課題も多く、現時点では明確な判断材料がない」などと説明した。
 静岡市は発行済み株式の約0・6%に当たる454万4174株の中電株を保有している。このほかの株主提案は再生可能エネルギーに関する規定の新設など4議案で、いずれも反対票を投じる。取締役の選任など会社提案の4議案については賛成する。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む