追っかけわたしの特集

特集 : 清水エスパルス

C大阪戦 攻撃の組み立て改善へ【J1清水見どころ】

 J1清水は26日、敵地で6位C大阪と対戦する。22日の天皇杯では京都に敗れたが、リーグ戦は連勝が懸かる試合になる。リーグ後半戦の初戦でもあり、幸先よくスタートを切って16位からの浮上を図りたいところだ。
 リカルド監督体制2戦目となった京都戦は課題が目立った。特に攻撃の組み立てで相手が対策してプレスを掛けてきた時にどう回避するかは、勝負に直結する改善点。FW後藤は「空いたスペースの使い方や誰が使うのか(の役割)は確認できた」と話す。C大阪には3月の対戦でサイドからの精度の高いクロスに苦しめられた。指揮官は「相手にしっかりと圧力をかけ、高い集中力を保つように」と辛抱強い戦いを選手に求める。
 U-23(23歳以下)アジアカップに日本代表として出場したMF鈴木唯、松岡はすでにチームに合流したが、出場するかは不透明。

いい茶0

清水エスパルスの記事一覧

他の追っかけを読む