テーマ : この人

静岡人インタビュー「この人」 沢木勝さん(掛川市)県温室メロン品評会で最高賞を獲得 

 17日に開催された「第70回県温室メロン品評会」(県温室農協主催)で、クラウンメロン、磐田、静南の3支所に所属する組合員約360人の中から最高賞優等の農林水産大臣賞に選ばれた。最高賞の受賞は22年ぶり2度目という。自宅にガラス温室12棟を構え、家族4人でメロン農家を営む。クラウンメロン支所副支所長。63歳。

沢木勝さん
沢木勝さん

 -受賞の感想は。
 「甲乙付けがたいメロンがそろっていて、まさか優等を取れると思っていなかったので驚いた。市場の人たちに評価されたのは光栄なこと。5月の春作品評会でも優等だったので、続けて受賞できたこともうれしい。現在は息子が中心になって栽培を行っているので、彼にとっても励みになったと思う」
 -栽培で工夫している点は。
 「家族だけで12棟見ているため、気温の低い早朝や夕方に作業をするなど効率的な仕事を心がけている。メロンの成長を促す温度や水の管理は早めの対応を徹底し、品質が落ちないようにしている」
 -今年のメロンの出来は。
 「例年以上に品質が高い。糖度が17度を超えるメロンもできていて、自信を持って市場に出せている。品評会でも長年関わっている市場の方から『20年ぶりにこんなおいしいメロンを食べた』と言ってもらえた。40年以上メロン農家をしているが、続けてきて良かった」
 -今後の目標は。
 「消費者の皆さんに喜んでもらえるおいしいメロンを安定的に作ることが第一。品評会でも高い評価をもらえるよう今後も努力していく。また、今年4月に孫が農業高校に入学した。3世代でメロンを作れたらと思っているので、それまでは元気にメロン農家を続けたい」

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む