追っかけわたしの特集

特集 : 御前崎市

浜岡原発「停止」「稼働」初の同率 菊川市が市民調査

 菊川市は16日、浜岡原発(御前崎市佐倉)に関する設問を盛り込んだ2022年度市民アンケートの結果を発表した。浜岡原発について「停止しておいた方がよい」と「安全が確認できれば稼働した方がよい」がともに37・8%と14年度に同設問を加えて以来初めて並んだ。

中部電力浜岡原発
中部電力浜岡原発

 アンケートは4月に無作為に選んだ2千人を対象に実施し、1067人から回答を得た(回答率53・4%)。「どちらともいえない」は17・2%、「わからない」が6・6%、「無回答」0・7%。
 「停止しておいた方がよい」との回答は前年度から10・3ポイント下降し、14年比で18・3ポイント下落となった。一方、「安全が確認できれば稼働した方がよい」は前年度から6・9ポイント上昇し、14年度比15・2%アップと上昇傾向にある。
 長谷川寛彦市長は同日の定例記者会見で、「原油高やウクライナ情勢の影響による電気料金の値上げなど、家計を圧迫している状況が数字に表れているのではないか」と語った。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む