テーマ : 動物・ペット

ウーパールーパーの赤ちゃん登場 沼津・あわしまマリンパーク

 沼津市内浦重寺のあわしまマリンパークで、通称「ウーパールーパー」と呼ばれるメキシコサラマンダーの幼体が展示され、来館者の人気を集めている。

展示されているウーパールーパーの幼体=沼津市内浦重寺のあわしまマリンパーク
展示されているウーパールーパーの幼体=沼津市内浦重寺のあわしまマリンパーク

 園内のカエル館で、3月にふ化した白と灰色の2匹を公開している。体長は現在7~8センチ程度。1年ほどで成体と同じ20~30センチまで成長するという。元気よく泳ぎ回る姿やつぶらな瞳が来館者を癒やしている。
 大きさが比較できるよう、成体も合わせて展示している。飼育担当者は「今しか見られない小さくてかわいらしい姿を楽しんでほしい」と話した。

いい茶0

動物・ペットの記事一覧

他の追っかけを読む
地域再生大賞