映画「きさらぎ駅」 世界観を車両に、ホームに 遠州鉄道が企画

 遠州鉄道(浜松市中区)は5日、さぎの宮駅(同市東区)がモチーフになったとされる都市伝説を題材とした映画「きさらぎ駅」の公開を記念し、新浜松駅(中区)の2番ホームに2両編成のギャラリー電車を設置した。

映画「きさらぎ駅」公開を記念したギャラリー電車の車内展示=新浜松駅
映画「きさらぎ駅」公開を記念したギャラリー電車の車内展示=新浜松駅
駅名表示の一部が「きさらぎ」に変更されたさぎの宮駅の看板
駅名表示の一部が「きさらぎ」に変更されたさぎの宮駅の看板
映画「きさらぎ駅」公開を記念したギャラリー電車の車内展示=新浜松駅
駅名表示の一部が「きさらぎ」に変更されたさぎの宮駅の看板

 新浜松駅には大勢のファンが訪れ、車内に展示された映画の場面写真や出演者のオフショット写真を眺め、作品の世界を楽しんだ。
 一方、さぎの宮駅では、駅名表示の一部が「きさらぎ」に変更され、駅名看板の前で記念撮影する人の姿が見られた。東京から父親と訪れた小池富久丸くん(6)は「電車が好き。実際に乗ったことがある電車が舞台になった映画を見てみたい」と話した。
 新浜松駅のギャラリー電車設置と、さぎの宮駅の駅名表示の一部変更は6月末までの毎週土、日曜午前10時~午後3時。同電車への“乗車”には、同映画の公式パンフレットを持参するか、遠鉄がコラボした公式グッズ購入者に配布される入場券が必要となる。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ