原油価格高騰受け緊急融資期間延長 静清信金、9月末まで

 静清信用金庫はこのほど、原油・原材料価格の高騰を受けた緊急融資「原油価格上昇等対策支援資金」の取り扱いを9月30日まで延長すると発表した。
 ロシアのウクライナ侵攻や円安による企業物価上昇に歯止めがかからず、先行きも不透明感を増している現状から、当初5月末までとしていた取扱期間を4カ月延ばした。
 融資の上限は3千万円。利率は固定金利で年1・5%。融資期間は運転資金が5年以内、設備資金は7年以内とし、いずれも6カ月間の据え置きができる。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ