天浜線掛川駅「元カレです駅」 AKB48メンバーが命名

 天竜浜名湖鉄道は30日、AKB48のメンバーが命名した副駅名やコラボ列車の運行を記念したイベントを掛川駅で開いた。メンバー3人が同駅を訪れ、駅名看板の除幕式を行い、AKB仕様列車の運行開始を祝った。

副駅名の看板を除幕したAKB48の谷口めぐさん(左)、千葉恵里さん(中央)、大盛真歩さん(右)=30日午前、天竜浜名湖鉄道掛川駅
副駅名の看板を除幕したAKB48の谷口めぐさん(左)、千葉恵里さん(中央)、大盛真歩さん(右)=30日午前、天竜浜名湖鉄道掛川駅

 副駅名は「元カレです駅」。AKB48が天浜線をPRするテレビ東京の番組企画の一環で、新曲のタイトルを採用した。同駅のほかに遠江一宮、岡地、気賀、浜名湖佐久米の4駅では、メンバーが現地を訪れ考案した副駅名を命名。コラボ列車には、新曲のヘッドマークと車内広告ポスターが掲出された。
 イベントには谷口めぐさん、大盛真歩さん、千葉恵里さんが参加。100人を超えるファンが詰めかける中、駅名看板を除幕し、コラボ列車を出発合図とともに見送った。
 大盛さんは、ロケで訪れた天浜線沿線の印象を「各駅、いろんな魅力があふれている。またゆっくり一駅一駅巡ってみたい。ファンにもぜひ訪れてほしい」と語った。遠江一宮駅の副駅名「独り言だよ駅」を命名した谷口さんは「無人駅なので、自分の思いに浸れる場所という意味を込めた」と明かした。
 コラボ企画は8月末まで。掛川駅、天竜二俣駅と天浜線オンラインショップで、記念の硬券やフリーきっぷ、キーホルダーを販売する。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ