テーマ : 福祉・介護

3年ぶりに総会 三島市の民生・児童委員協議会

 三島市民生委員児童委員協議会の総会が24日、市民文化会館で開かれた。新型コロナウイルスの影響で対面での活動が難しくなる中、各委員が課題を見つけて行動する大切さを確認した。

3年ぶりに開かれた民生員児童委員協議会の総会=三島市民文化会館
3年ぶりに開かれた民生員児童委員協議会の総会=三島市民文化会館

 コロナの感染拡大を受け、総会は3年ぶりの開催。委員はこれまで、訪問できない代わりに「思いやりメッセージ」を書いたチラシを支援する高齢者や児童の自宅ポストに投かんするなど、コロナ禍でも相談しやすい環境づくりに取り組んできたという。現在は198人が委員として活動している。
 本年度は視察研修なども行いながら、認知症や虐待などさまざまな課題に向き合う予定。宮川紀代美会長はヤングケアラーや高齢者の孤独が広がる現状に触れ、「子どもやお年寄りに寄り添えるような、目には見えない心のケアに取り組みたい」と語った。

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む