追っかけわたしの特集

特集 : 御前崎市

「原発活用」要請問題 御前崎市議会、申し合わせ事項で規定へ

 御前崎市議会の議長ら一部市議が4月中旬、「既存原発の最大限活用」などを求める議長名の要請書を市議会内で事前に共有せず国に提出していた問題で、同市議会の議会運営委員会は24日、国に対する議長名の要請書や要望書に関する規定を「申し合わせ事項」に追加する方針を決めた。6月定例会の会期中の議運で規定の素案を示す。
 要請書や要望書の提出前に全議員に諮ることなどを明文化するとみられる。市議会事務局によると、申し合わせ事項は議会運営に関する細かな取り決めで法的拘束力はなく、一般質問の要領や委員会の審議の進め方などを定めている。議員間で共有し、一般公開はしていない。
 要請書は柳沢重夫市長と増田雅伸議長の連名で、経済産業省資源エネルギー庁など3省庁を増田議長ら6人の市議と市幹部が訪問して提出した。増田議長は同日の議運の会合で、4月中旬以前に港湾整備に関連して、事前に全議員に諮らず議長名の要望書を国に提出したと明らかにした。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む