教職員の法令順守徹底へ 浜松市教委、臨時校長会 不適切行為で

 浜松市立学校に勤務していた男性教諭が女子生徒に不適切な行為をしたとして4月に懲戒免職処分になった問題で、市教委は16日、臨時校長会を同市北区の市教育会館で開いた。市教委は教職員の法令順守に加え、児童・生徒との連絡手段の適切な運用などについて、改めて各校に徹底を求めた。
 市教委の担当者が、教職員による児童・生徒への性暴力防止に関する法律の規定などを説明した。児童・生徒や保護者とのSNSでのやりとり手法を規定した市教委のガイドラインについては、より厳格な運用に見直す考えを示した。7月をめどに管理職向けの「職務チェックシート」も作成するとした。
 今回の問題では、男性教諭が女子生徒に無料通信アプリLINE(ライン)の連絡先を教えて2人で会うようになった上、女子生徒にキスをするなど不適切な行為に及んだという。2人の関係を疑う情報が学校に寄せられ発覚した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ