選抜中学生、実験に挑戦 理系人材育成企画「浜松ITキッズ」開講

 IT分野に強い小中学生を育成する「浜松ITキッズプロジェクト」中学6期生の第1回講座が15日、浜松市中区の静岡大浜松キャンパスで開かれた。試験で選抜された中学1年の13人が開講式に続き、理科の工作実験に臨んだ。

針金を使った実験に取り組む受講生=浜松市中区の静岡大浜松キャンパス
針金を使った実験に取り組む受講生=浜松市中区の静岡大浜松キャンパス

 将来の産業振興を見据えて産学官で取り組むプロジェクトで、中学コースは6年目となる。NPO法人浜松ソフト産業協会の講師らからプログラミングや理数、英語などの授業を受け、専門的な考え方を身につける。
 初回講座は針金で水に浮くアメンボを作る実験。2人一組で成功時間を競う形式で、受講生たちは水面に触れる足部分の形状に工夫を凝らしながら、試行錯誤を繰り返した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ