記者コラム「清流」 変わらない日本

 いつになったら、共存に向けた議論、明確な発信がなされるのだろうか。海を越えた国々では人々がマスクを外し、気兼ねなく触れ合う生活が戻りつつある。入国制限を大幅に緩和するなど、新型コロナウイルスとの共存にかじを切っている。
 政府はスピード感、臨機応変さに欠けると感じている。国民の経済的、精神的なダメージは続き、感染対策の名の下で我慢を強いられている子どもたちがいる。海外から一時帰国した友人は、入国手続きの煩雑さに嘆いていた。
 政府や一部の専門家が多用する「警戒」の呼びかけが、社会の風潮を作ってきた側面もあるのではないか。変異するウイルスが、変わらない日本を笑っている気がしてならない。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ