はままつロケ地マップ 2年ぶり改訂、厳選70カ所紹介

 浜松市は市内で撮影された映画やドラマなどの作品やロケ地を紹介する「はままつロケ地マップ2022」を作成した。2年ぶりの改訂で、市内100カ所以上のロケ地の中から70カ所を厳選。市民に地元の魅力を再発見してもらうとともに、聖地巡礼など観光振興へとつなげる。

浜松市内で撮影された作品やロケ地を紹介する「はままつロケ地マップ2022」=浜松市役所
浜松市内で撮影された作品やロケ地を紹介する「はままつロケ地マップ2022」=浜松市役所

 マップはA4判6ページで、2万部作成した。ドラマ「ゆるキャン△2」のメインビジュアルなどに使われた浜名湖弁天島、映画「弱虫ペダル」の自転車シーンに登場する浜名湖大橋、アニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」で第3村のモデル地の一つになった天竜浜名湖鉄道などを紹介している。
 浜松を訪れた出演者や制作スタッフが舌鼓を打った浜松餃子(ギョーザ)や遠州焼きなどのグルメ情報も盛り込んだ。
 市の浜松フィルムコミッションは2021年度、196件の撮影支援を実施。支援やロケを通じた地域活性化などが評価され、全国レベルのJFCアウォードの最優秀賞、ロケーションジャパン大賞の優秀賞に選ばれた。
 市観光・シティプロモーション課の担当者は「マップを通じて地域への誇りや愛着を高めるとともに、ロケへの理解を深めてほしい」と話している。
 マップは区役所や市内の観光協会などで配布している。
 

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ