47都道府県に寺子屋を カフェで学習支援 学生ら運営NPO、CFで資金募る

 小中学生らが自学自習できる無料の「寺子屋」をカフェに設け、学習を支援している大学生らのNPO法人「Cafe de(カフェ・デ)寺子屋」(藤枝市)は6月30日まで、47都道府県全てに寺子屋を作ろうと、クラウドファンディング(CF)で資金を募っている。

子どもの学習を見守る大石さん(右)=静岡市葵区の寺子屋「寺子屋べーす」
子どもの学習を見守る大石さん(右)=静岡市葵区の寺子屋「寺子屋べーす」

 同NPOは子どもたちが自発的に学べる場を提供しようと、県内や山梨県で活動をスタート。主に、夕方などに閉店したカフェを寺子屋スペースとして無償で借り、学生スタッフが子どもの学習をサポートしている。焼津、浜松、静岡、藤枝市の計4カ所をはじめ、県外の大学生とも連携し、現在は7都県13カ所で寺子屋を運営している。
 寄付金の目標額は200万円。寺子屋確保のための活動費や学生スタッフの研修費、同NPOの認知度を高める広報活動などに充てる予定。返礼品として学生スタッフからお礼の手紙を送付する。
 静岡市葵区の「寺子屋べーす」など各地で活動を展開する同NPO設立者の東大大学院生大石紗矢香さん(24)は「寺子屋を起点に、自由に学べる環境を家庭内から社会全体へと広げ、より良い社会を作りたい」と協力を呼び掛けている。
 寄付金はCF専用サイト「キャンプファイヤー」で受け付ける。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ