テーマ : 御前崎市

プランターに花植栽 御前崎小 緑化の大切さ学ぶ

 御前崎市の御前崎小で9日、1年生約30人がマリーゴールドやナデシコなどの花をプランターに植えた。

プランターの花に水を掛ける児童ら=御前崎市の御前崎小
プランターの花に水を掛ける児童ら=御前崎市の御前崎小

 中部電力と同社子会社の中電ウイング、御前崎市花の会が2018年度から同市内の小学校で行っている「緑のカーテン活動」。海に近い同校では塩害の影響を受けるため、つる性の植物を成長させて緑のカーテンにする代わりに花を植えた。児童は作業を通じて緑化の大切さを学んだ。
 望月あき乃さん(6)は「花は好き。水やりを忘れずに頑張りたい」と話した。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む