追っかけわたしの特集

特集 : この人

静岡人インタビュー「この人」 今田孝司さん(沼津市)地域活性化活動を推進する明治安田生命沼津支社長

 「地元の元気プロジェクト」として、自治体やスポーツ団体などと連携。支社を挙げて地域活性化と住民の健康づくりにつながる活動を展開する。2020年から始め、連携協定を結ぶ自治体は県東部の10市町と山梨県南部町に広がった。53歳。

今田孝司さん
今田孝司さん

 ―活動を始めたきっかけは。
 「コミュニケーション手段が多様化する一方、地域社会では人と人のつながりの希薄化が心配されている。つながり、触れ合い、支え合いを創出して地域の課題解決に貢献しようと、全社的な取り組みとして始まった。2月末までに全国724の自治体と協定を結び、地域ごと活動を展開している」
 ―沼津支社の活動内容は。
 「地元のアスルクラロ沼津と協力したサッカー教室やフェンシング体験会、ウオーキングイベントなどを開催。プロサイクリングチーム『レバンテフジ静岡』を応援し、生活に役立つ情報を伝える住民向け講座を企画している。各地域の見どころや店舗を紹介する情報紙『ジモ活プラス』も毎月発行している」
 ―県東部地域の魅力は何か。
 「豊かな自然とおいしい食べ物に恵まれ、温かい人が多い。首都圏からの近さも大きな魅力だ。ジモ活プラスは紙媒体で発行し、QRコードで読み取ることができるが、今後は動画投稿サイトでの配信を計画している。県外のより多くの人に東部の魅力を伝えたい」
 ―今後の活動方針を。
 「多くの協力でさまざまな活動を展開できたが、この2年はコロナ禍で制限もあった。感染状況によるが、屋外型イベントに加え、本年度は屋内の催しもさらに充実させていきたい。新たな取り組みとして、地元の中学生にお金や保険の話をする金融教室などを計画している」

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む