特殊詐欺防止 寸劇で訴え 磐田

 磐田署はこのほど、特殊詐欺被害や山岳・水難事故の防止に向けた広報活動を磐田市のららぽーと磐田で行った。

 館内では、同署管内地域安全推進員女性部の8人が、キャッシュカード詐欺盗と還付金詐欺の寸劇を披露した。推進員は詐欺グループや被害者を演じて手口を紹介し、「怪しいと思ったら家族や友人、警察に相談して」と呼び掛けた。
 屋外のバスプールでは、パトカーや白バイを展示し、署員が事故などへの注意を喚起するチラシを配布した。市消防本部もポンプ車の展示のほか、消火器の体験コーナーを設けた。それぞれ子ども用の制服を用意し、親子連れが記念撮影を楽しんだ。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞