ラブライブ聖地 マルサン書店仲見世店、5月末で閉店決定 沼津

 沼津市と清水町に店を構えるマルサン書店は7日までに、旗艦店の仲見世店(同市大手町)を同地区の再開発と建物の老朽化を理由に今月31日を最後の営業日に閉店することを決めた。仲見世店は同市が舞台の人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン‼」に登場し、今でもファンにとって聖地となっている。閉店を聞きつけ、見納めに多くのファンが訪れている。

アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地としても親しまれたマルサン書店仲見世店=沼津市大手町
アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地としても親しまれたマルサン書店仲見世店=沼津市大手町
アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地としても親しまれたマルサン書店仲見世店=沼津市大手町
アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地としても親しまれたマルサン書店仲見世店=沼津市大手町
アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地としても親しまれたマルサン書店仲見世店=沼津市大手町
アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地としても親しまれたマルサン書店仲見世店=沼津市大手町

 仲見世店は1998年、創業店舗の通横町本店や宝塚店などを統合し当時県内最大級の書店として開店。2016年に放送された同アニメ作品には、登場する国木田花丸の行きつけの書店として取り上げられた。
 閉店の理由は、店がある仲見世店周辺区画の再開発が正式決定したため。営業継続には数千万円の設備投資が必要で、コロナ禍による紙媒体の市場縮小も響き、店存続を断念した。再開発後の活用方針は未定。
 閉店をSNSで知り、急きょ訪れた愛知県知立市の会社員大庭集平さん(26)は「聖地がなくなるのは残念だが、ファンとしては再開発で沼津が発展してほしい。新しくなったらまた来たい」と話した。古沢洋専務は「アニメの放送終了後もこんなに長く支持されると思わず、ありがたかった」と謝意を述べた。
 今後はJR沼津駅北口近くの駅北店と清水町のサントムーン店で営業する。

いい茶0
メールマガジンを受信する >