アユ釣り6月11日解禁 稚魚1・2トン放流 狩野川漁協

 狩野川のアユ釣りが解禁される6月11日を前に、狩野川漁協は5、6の両日、伊豆、伊豆の国の両市内の河川で稚アユ計1・2トンの放流を行った。

稚アユを放流する組合員=伊豆市柏久保の大見川
稚アユを放流する組合員=伊豆市柏久保の大見川

 6日は伊豆市の狩野川記念公園付近の狩野川と、同市柏久保の大見川に重さ10~15グラム、体長8センチほどの海産稚魚計400キロを放流した。組合員がホースを使って次々と放つと、稚魚は勢いよく泳ぎ回った。井川弘二郎組合長は「今年は川の状態が良く、天然遡上(そじょう)が見られるので楽しんでもらえるはず」と話した。
 5日は伊豆の国市の大門橋付近の狩野川に800キロを放流した。放流は6月1、2の両日も実施予定。解禁後にも川の状況を見ながら追加放流を計画している。

 

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ