未知の文化に出会う祭典 SPAC「せかい演劇祭」静岡で開幕

 静岡県舞台芸術センター(SPAC)の「ふじのくに⇆せかい演劇祭2022」が29日、静岡市内で始まった。新型コロナウイルス禍で招待できなかった海外作品を3年ぶりに上演し、劇場は初日から活気に包まれた。5月8日まで。

ブルガリアの演劇「カリギュラ」の終演後、客席のカーテンコールに応える出演者=静岡市駿河区の静岡芸術劇場
ブルガリアの演劇「カリギュラ」の終演後、客席のカーテンコールに応える出演者=静岡市駿河区の静岡芸術劇場

 駿河区の静岡芸術劇場で開幕を飾ったのはブルガリア作品「カリギュラ」。孤独な皇帝が暴君と化す不条理劇は、緊迫感に満ちた演出で観客を圧倒した。
 上演後のトークでは、演出家のディアナ・ドブレバさんが、物語に込めた思いや来日に伴う苦労などをユーモアを交えて明かした。ブルガリアのアラバジエバ駐日大使が登壇し、ブルガリアの芸術を取り上げる機会への感謝を述べた。
 このほかコロンビア演出家の一人劇、南アフリカ発の体験型演劇などを予定している。SPACは新作「ギルガメシュ叙事詩」など宮城聰芸術総監督演出の2作品で参加。宮城監督は「未知の文化や表現を目の当たりにできる祭典。海外の作品に負けない舞台を届けたい」と語った。
 5月5日午後4時半から全作品の演出家による公開トークを駿府城公園で行う。問い合わせはSPACチケットセンター<電054(202)3399>へ。

いい茶0
メールマガジンを受信する >