テーマ : 御前崎市

規格外イチゴで商品開発 御前崎の就労支援事業所「ポトラッチ」

 御前崎市池新田の就労継続支援B型事業所「ポトラッチ」(加藤健介代表)がこのほど、規格外のイチゴを活用したプロテインとフルーツティーを近隣企業と連携して商品開発した。

ポトラッチが企業と連携して商品開発したプロテインとフルーツティー=御前崎市池新田
ポトラッチが企業と連携して商品開発したプロテインとフルーツティー=御前崎市池新田

 牧之原市のイチゴ農家の協力で、形が整わず廃棄予定だったイチゴ約30キロを4月中旬に収穫した。利用者が包丁で5ミリ四方に切り分け、茶の製造などを行うワイケイティー(同市地頭方)が加工した。今後、ウェブを中心に本格販売する。
 加藤代表(44)は「規格外のイチゴを使うことで食品ロスを抑制し、SDGs(持続可能な開発目標)にも貢献できる」と話し、「お客様が手に取りたいと思う商品をつくるため、今後も企業や地域とのつながりを大事にしていきたい」と力を込める。
 プロテインはイチゴの他に「抹茶ラテ」「ほうじ茶ラテ」もあり、いずれも16~20グラムの5本入りで1650円(税別)。フルーツティーはイチゴと「ピーチ&オレンジ」の2種類で、いずれも50グラムで980円(税別)。問い合わせはポトラッチ<電0537(64)3885>へ。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む