少年団や部活動の勝利至上主義、どう考える①【賛否万論】

 全日本柔道連盟(全柔連)が毎夏開催してきた全国小学生学年別柔道大会(個人戦)を今年から廃止すると発表しました。ロサンゼルス五輪金メダリストの山下泰裕会長が理由に挙げたのは「行き過ぎた勝利至上主義」に対する懸念でした。この決定に賛同の声が上がる一方、子どもたちの目標が突然失われ、保護者からは「廃止までする必要があるの?」という声も漏れてきます。他の競技団体、中学や高校の部活動でも勝利至上主義を巡る問題は尽きません。柔道界が鳴らした警鐘をどう受け止めますか。

あなたの部活動に所属している最大の目的は、どれに当てはまりますか?※スポーツ庁の「2017年度・運動部活動等に関する実態調査」から作成
あなたの部活動に所属している最大の目的は、どれに当てはまりますか?※スポーツ庁の「2017年度・運動部活動等に関する実態調査」から作成
県スポーツ少年団男女団員数と合計
県スポーツ少年団男女団員数と合計
あなたの部活動に所属している最大の目的は、どれに当てはまりますか?※スポーツ庁の「2017年度・運動部活動等に関する実態調査」から作成
県スポーツ少年団男女団員数と合計


 ■2年越しの夢かなわず
 「廃止を聞いた時は私も娘もショックでした。心が折れてしまった感じで…」。浜北柔道スポーツ少年団に通う大城星夢さん(6年)の母志帆さんは、全柔連の突然の決定に言葉を失ったという。
 娘の星夢さんは幼少の頃から柔道を続けてきた。努力が実り、昨年5年生の県大会で優勝。しかし、初出場となるはずだった全国大会はコロナ禍で中止になった。年が変わり、「さあ今年こそ」「絶対に全国に行こう」と家族で意気込んでいた直後に、大会廃止の知らせが届いた。
 全柔連が3月中旬に出した通知書には「心身の発達途上にあり、事理弁別の能力が十分ではない小学生が勝利至上主義に陥ることは好ましくない」とあった。競技の始祖・嘉納治五郎師範の「将来大いに伸びようと思うものは、目前の勝ち負けに重きをおいてはならぬ」という言葉も引用されていた。
 成長期の子どもに厳しい減量を強いる指導者がいるという話も、全柔連に入っていたという。娘の頑張りを見てきた志帆さんは笑いながらつぶやいた。「指導者や保護者がしっかりすれば、開催してあげられるのでは」

 ■体罰や鉄剤注射
 勝利至上主義に対する懸念は、他のアマチュア競技でもさまざまな形で表面化してきた。
 2012年、大阪府の高校バスケットボール部主将が顧問から繰り返し体罰を受けて自殺。この事件をきっかけに全国各地で次々と体罰問題が浮上した。
 全国の陸上長距離の強豪校では、貧血治療用の鉄剤注射が不適切に使用されていたことが問題に。古くは1992年全国高校野球選手権で、プロ注目打者だった松井秀喜さん(元ヤンキース)が5打席全て四球で歩かされ、相手の敬遠策に賛否が巻き起こった。
 保護者の過度な関わりも、多くの競技団体に共通する悩みだ。勝利を期待するあまり、わが子に乱暴な言葉を浴びせ、審判団にクレームをつける父母は少なくない。
 星夢さんが通う同少年団の指導者で、県スポーツ少年団指導者協議会の一瀬誠理事は「力のある子どもたちにとっては残念な話だが、現状では悪影響の方が大きい。一度仕切り直しが必要だった」と全柔連の決定に理解を示す。

 全柔連事務局の話 試合や大会は学校のテストと同じで「自分は何ができて、何ができないか」が分かるもの。全てを否定するわけではない。ただ小学生年代は基礎を身に付けることが大切で、勝利が全てになってはいけない。ナンバーワンを決める大会ではなく、別の形を探っていきたい。日本柔道界の将来的な強化にもつながると考えている。

 ■目標失う/問題は大人 他競技指導者の思い
 子どもにとって県大会や全国大会は大きな目標だ。スポーツ庁が2017年度に実施した運動部実態調査で、「部活動に所属している最大の目的」について中学生や高校生に聞いたところ、「大会・コンクール等で良い成績を収める」を選んだ生徒が最も多かった。柔道界の決定を、他競技の指導者はどう捉えているか。
 県西部地区の剣道指導者(49)は「廃止にしなくてもよかったのでは。原因は子どもたちではなく、よからぬ指導をする大人にある」と指摘し、「指導者向けの対策をしっかりしていく必要があるのでは」と話した。
 静岡市の少年サッカーチームの指導者(55)は、コロナ禍によるさまざまなスポーツ大会の中止で競技力低下が危ぶまれることに触れ、「緊張感のある試合を経験するかしないかで、今後の成長スピードが違ってくる」と大会の重要性を強調。「手段を選ばず勝利を目指すのは論外。指導者が子どもたちに丁寧にアプローチできているかが大事だ」と語る。

 ■送りバント 分かれる是非
 「チームの勝利のために、子どもに送りバントをさせるのは是か非か」-。少年野球の指導者や保護者の間で長く意見が交わされてきたテーマだ。
 「勝つことは楽しさにつながる。チームワークも学べる。バントを成功させた時にしっかり褒めてあげれば」という考えもあれば、一部には「野球の楽しさを知ってもらうために、小学生時代はどんな場面でもフルスイングしてほしい」という意見もある。
 サッカー界では「世界で勝つためにはマリーシア(ずる賢さ)が必要」と言われる。高校年代では、勝っているチームの選手が足を痛めた振りをして時間稼ぎをしたりする場面を目にする。
 勝利を目指したプレーや駆け引きを、どこまで子どもに求めるか。線引きは難しい。

 ■団員減少 目的食い違いも
 スポーツ少年団の登録団員数の減少に歯止めがかからない。県スポーツ協会によると、1994年に4万1579人だった団員数は、2020年には2万264人と半減した。
 原因は少子化や習い事の多様化だけでなく、指導者の暴言や厳しい長時間練習などもあると指摘される。チームに強さを求めるか、楽しさを求めるかで保護者同士でも考えが食い違い、子どもがやめていくケースもあるという。
 日本スポーツ少年団は「対外試合は団員の自己研鑽(けんさん)や全体の活性化に結びつく大切なもの」としつつ、「勝利至上主義の過度な活動に陥ったり、健全な発育を阻害したりするものであってはいけない」と呼び掛けている。

 【ご意見 お寄せください】
 勝利至上主義を巡る自身や子どもの体験談、少年団や部活動の在り方などについてのご意見をお寄せください。
 さまざまな立場からの投稿をお待ちしています。お住まいの市町名、氏名(ペンネーム可)、年齢(年代)、連絡先を明記し、〒422-8670(住所不要) 静岡新聞社編集局「賛否万論」係、<ファクス054(284)9348>、<Eメールshakaibu@shizuokaonline.com(半角英数字で)>にお送りください(最大400字程度)。紙幅の都合上、編集させてもらう場合があります。携帯メールは受信設定をご確認ください。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ