⚽J1清水 3期連続黒字確保 コロナ禍で収入伸び悩みも

 J1清水の運営会社エスパルスは26日、第27期となる2021年度決算(21年2月~22年1月)を発表した。売上高は前期比3・9%減の43億6600万円。コロナ禍の影響が続く中で収入は伸び悩んだが、鈴与グループの支援を受けて純利益を1200万円として3期連続の黒字を確保した。
 コロナ禍での2年目となった21年度の興行収入は4億3900万円。20年度比1億4400万円増となったが、年間を通じて観客の収容率に制限があったことからコロナ禍前の19年度(約7億円)の水準までは回復しなかった。リーグ戦のホーム試合平均入場者数は7455人だった。
 広告収入は20年度比2・5%減の26億8300万円。20年度に引き続き、鈴与グループからは収入減を穴埋めする多額の特別支援金を受けた。
 物販収入は1億6600万円。グッズの企画販売を手掛けるファナティクス・ジャパンとの契約の実質初年度となり、物販原価の削減額も踏まえると「収益は20年度の6倍、コロナ禍前の1・6倍になった」(山室晋也社長)という。
 支出で大きな割合を占める強化費は、前期比2億6900万円増の24億7200万円。昨夏の5選手の追加補強が影響した。運営費を除いたチーム人件費も1億6千万円増の18億6千万円に上った。
 今期計画は売上高46億2600万円、興行収入7億5千万円を見込む。強化費も過去最高となる25億9100万円とし、山室社長は「応援してもらう人たちに満足してもらうためにも必要な予算を確保したい」と述べた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ