「三嶋大祭り」3年ぶり開催方針 8月15~17日

 新型コロナウイルスの影響で2年続けて中止となっている三嶋大祭りの実行委員会は25日、本年度は8月15~17日に開催する方針を発表した。山車の引き回しや頼朝公旗揚げ行列など例年通りの実施に向けて準備を進めていく。
 古代の頃に始まったとされる三嶋大社(三島市)の祭りを起源とし、例年は主会場の同大社に3日間で延べ50万人が訪れる一大イベント。祭りで披露する伝統芸能「しゃぎり」の練習が4月に始まり、夏に向けて各地で響く笛や太鼓、すりがねのにぎやかな音色が風物詩となっている。源氏再興に向けて源頼朝が三嶋大社で旗揚げした故事にならい、旗揚げ行列では著名人を頼朝公役に招いて市内を練り歩く。
 実行委は今後、飲食の出店などについて検討するほか、ウィズコロナの運営方法も協議を進める。仮に感染状況が急激に悪化した場合は、7月に開催の可否を最終決定する。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ